めじめや




コイカツ!



当ホームページを閲覧している方から、3Dでメイキングしたキャラクターとの
学園生活とHを楽しむゲームで下着(ショーツ)の中にふんどしがある旨の
情報をいただき、早速ソフトの紹介HPやメーキングに関するユーザーが
書き込んだ情報を読んでみたところ、これは是非とも購入しなければと思い
買ってみました。その結果・・・・。

ついに、我々二次元ふんどし女子ファンが夢見た、理想とする自分だけの
ふんどし女子キャラが作れて、しかもそのキャラを使ってゲームもできてしまう
ソフトがILLUSIONから出ました!

ソフトの紹介をする前にみなさんは、「キラっとプリ☆チャン」とか「アイカツフレンズ!」と
いったテレビ東京系の女の子向けアニメをご存じだろうか?


キラっとプリ☆チャンのCMより


アイカツフレンズ!のCMより

どちらも基本コンセプトは衣装データとアニメキャラを使ったゲームセンター向けの
ゲーム筐体とタイアップした形のアニメシリーズで、ゲーム筐体内で出てくる
3Dキャラがそのままアニメのキャラになって、内容的にはアイドル活動を
通したストーリーになっています。

最近のアニメは事前に3Dキャラ化しているのが当たり前なのですが、そこから
昔ながらのセル画調にするか、3Dそのままで出すかの違いがあり、程度により
使い分けや、中間的な表現がなされています。
前述の「キラっとプリ☆チャン」とか「アイカツフレンズ!」はストーリーシーンは
セル画調で、ライブシーンは3Dデータからのアニメ調変換作業によりリアルな動きを
実現しています。例えばフワッとスカートがなびくような自然な感じを表現する
には欠かせない表現技術です。

前述のアニメ内でのライブシーンを普通のPC上で実現し、なおかつアニメの
世界の話だったコーディネートまでできてしまったソフト、それが今回紹介する
コイカツ!です。


上下の画像は、コイカツ!のライブシーンより



3Dキャラを使ったゲームシステムは、過去にも色々な所から出ていて、
ゲーム機用の女の子向けのソフトにはカードに描かれた衣服データを読み込ま
せたらゲーム内でキャラがそれを着て遊べるソフトがありました。
またPC用にもキャラを衣装とともに作れるソフトも色々ありましたし、キャラが
歌って踊るソフトがありました。
ただあるにはあるのだが、キャラを自分好みにするには無理もしくは制約が多い
という印象でした。ようするに事前に作られた3Dデータの組み合わせる
際の若干の変更が可能というようなものです。

ところがコイカツ!はそんな制約を取っ払って、プレイヤーが自由にキャラを
好みの姿や衣装に変更できてしまうシステムを搭載しているのです。

実際、コイカツ!はその設定機能の自由度の高さから、ネット上では多くの
アニメファンから主に自分の好きなアニメキャラに似せてキャラクターを作り
ゲーム内でそのキャラとHするという使い方が上げられています。
私もこのページを作っている段階では1時間程度しかプレイしていませんが、
「なんだこのシステムは?!」の感嘆の連続で、基本システムだけなのに
その柔軟性に大変驚かされました。

と、ここまで書いたものの、このコイカツ!の本当の正体はあくまでハーレム系
Hシミュレーションゲームなのです。
ようするに主人公の男性一人対多数の女の子という構図の中で、特定の女の子達
とのHを目的としたゲームです。

主人公は、両親が海外出張の為に一人だけ叔母の近くで独り暮らしを始めます。
叔母は、とある女学園の学園長で、主人公をたった一人だけその女学園に入れて
男性との接触が無い女の子達に男性というものに慣れさせようと企てていた。
という、背景設定です。


で、二次元ふんどし女子的には、相手になる女の子には褌を締めさせてみたいと
思うのは当然の事。
コイカツ!では越中と六尺の二種類が用意されていて、簡単に夢が実現できて
しまいます。


ショーツから「ふんどし」アイコンを選ぶと越中型が設定されます。
色と柄は紐と褌本体は別々に設定できるようになっています。
例えば紐は青色にして褌本体は赤の水玉模様なんて事も可能です。

ただ前から見ると越中なのですが、背中側に六尺褌のような結び目があるという奇妙な褌です。


ショーツから「ふんどし」のアイコンを選び、オプションのチェックを外すと六尺になります。

ただ、今度は背中側に結び目が無くなり褌パンツというのが正しい表現です。


最後に、マニュアルを見ないで1時間弱でキャラクターにダンスを踊らせてみた時の
設定内容を特設ページで紹介しておきます。


詳しい商品説明は以下のホームページを参照してください。