めじめや

圏外転換領域+田中さんの温室  




「斥力構体」と呼ばれる浮遊物体が存在する世界の話です。
昭和36年5月15日の杉登第二構体試験場と上内野施設との転換実験の失敗により、
どこかの惑星と繋がってしまった静岡県杉登地区(架空です)に住む高校生達の調査活動を
メインとするシリーズになっています。そこは高校生達が「彼等」と呼ぶ、ちょうと変な好奇心を
持つ異世界(異星人)により観察されていて、彼等は何かと高校生達に接触してきます。

なおどの話もワザと完結しないようにできているので、何かモヤモヤ感が拭えません。



圏外転換領域

ボックスカルバートゲートの続きです。
杉村と浅羽加菜子の二人は例のごとく回収作業の日々を送っていたが、どこかの惑星と転換されてしまった村
から連れ帰った少女(涼)も作業に加わっていた。
三人が探査を続けていると集落を発見するが、そこにあった大きな水たまりの底に突然できた穴に杉村
が入って行くと全く知らない街に出て一人の少女と出会う。
彼女にこれまでの顛末を話して、協力を求めると、なんと同人誌即売会の会場に連れて行かれて、
褌姿の写真撮影会に参加させられてしまう。
続編はこちら




田中さんの温室


眼鏡娘の島田が下校途中、海外から転校してきた田中から家に誘われる。
彼女に付いていくとそこは廃植物園だった。
彼女は叔父と共に彼等の植物を研究して転々としているらしいが、彼等の要望で女性はノーパンに
腰蓑姿にならないと認めてもらえないらしい。

この話には褌姿は出てきませんし、一連のシリーズと世界は同じですが登場人物に共通点がありません。




       お求めは
         ↓↓