めじめや

複製校舎  




「斥力構体」と呼ばれる浮遊物体が存在する世界の話です。
昭和36年5月15日の杉登第二構体試験場と上内野施設との転換実験の失敗により、
どこかの惑星と繋がってしまった静岡県杉登地区(架空です)に住む高校生達の調査活動を
メインとするシリーズになっています。そこは高校生達が「彼等」と呼ぶ、ちょうと変な好奇心を
持つ異世界(異星人)により観察されていて、彼等は何かと高校生達に接触してきます。

なおどの話もワザと完結しないようにできているので、何かモヤモヤ感が拭えません。



圏外転換領域の続きです。
昭和61年8月14日、突如「彼等」の少女型が杉登の一部について日本政府に対して領有権を宣言してきた。
そこは少女型を中心に半径300mという狭い範囲なのだが、その中に次々と学校施設を出現させてきたのだ。
そして少女型は地球側の訪問者として、唯一の接触者になった杉村を指名した。
杉村は渋々承諾するものの、学校敷地外は謎の惑星上にあり、例のごとく褌を着用して登校し
なければならなかった。
学校では以前に彼等の街で出会った少女型と共に普通の学校生活を送るだけなのだが、
少女型は杉村とプールで泳いだり杉村に卑猥なポーズをさせる。
それは杉村が彼等にとってとても重要な役割を担っていたからだが、実は杉村について間違った
認識がいつの間にか彼等に広がっていた。



       お求めは
         ↓↓